本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

オンライン旅行会社(外資編)ONLINE TRAVEL AGENT

EXPEDIA AGODA Booking.com

新情報!ホテルズコンバインド (HotelsCombined)

横断検索サイト−ホテルズコンバインド上陸!

様々なオンライン予約サイトが日本に存在する中、多くのサイトの料金比較出来るサイトが海外では主流になってきている。ホテルズコンバインドもそのひとつである。
トリップアドバイザーより使いやすいので、是非使ってみて欲しい。



ホテルズコンバインドについてはこちら

エクスペディア - EXPEDIA

エクスペディアの特徴はなんと言っても、「最低価格保証」である。他のOTAと比較した場合、安い確率が最も高いのがエクスペディアである。もし、他のOTAでエクスペディアより安い料金を発見した場合、差額+5,000円のクーポン券が貰える。これは値段に自信のある証拠と捉えているが、マーケティング戦略の一つかもしれない。
だた、昨今では他のOTAもホテルに対して、エクスペディアと同じ料金を要求しており、値段がだんだん近づいて来ているのも確かである。レートパリティ(料金の同等性)という考え方で、OTAはホテルに対して、すべてのチャネルで同じ料金を提供してもらうようにお願いしています。残念ながら日本ではレートパリティという概念が浸透していないため、未だに楽天トラベルやじゃらんの方が海外のOTAより安い料金をもらっている場合が多い。
そこで、エクスペディアが導入した戦略は3つある。
【クーポン戦略】
メルマガ会員に対して、予約時に使用出来るクーポンを無料で配布する。
これにより、サイト上は他のOTAと同じ料金であるが、クーポンを使用することにより、安く出来るという仕掛けである。
しかし、これは最近見かけなくなった。廃止したのかもしれない。
【72時間セール】
レートパリティ(料金の同等性)が厳しくなる中、他社との差別化と最低価格保証というブランドイメージを守るため、エクスペディアは72時間限定で通常よりも安い料金をホテルより仕入れている。つまり、この7
2時間セールに出ているホテルはどこよりも安い。エクスペディアはホテルから安い料金をもらう代わりに、露出を相当行い、送客数もホテルの期待以上の人数を送客している。
【為替操作】
これは、料金戦略というよりもマーケティングの手法と言った方が良いと思う。人間の心理として少しでも安く物やサービスを購入したいという部分を上手く活用している。為替の差はコストとして吸収しているが、
他社よりも良い料率で価格を設定することにより、現地通貨にした時にお得に見える
これには落とし穴があり、現地通貨建てで決済される場合は、カード会社の為替が適用されるので、現地通貨は参考値に過ぎないという事を覚えておこう。

いろいろと書いたが、値の面では、No.1の旅行代理店である。


Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

アゴダ - AGODA

本社をバンコクに置く、東南アジアを中心に展開しているOTAであり、プライスライン(Priceline Nasdaq:PCLN)の子会社である。エクスペディアより株価及び時価総額が高く、新興勢力で、かなり勢いがある。ここの特徴も「最低価格保証」で、東南アジア及び東アジアの一部では、かなり強い。
バンコクに本社を置いていることもあり、東南アジアのホテルにはめっぽう強い。タイやマレーシアではNo.1のOTAに成長している。
特徴は以下の通りである。
【特徴1 ポイント制度】
アゴダでは、宿泊料金に合わせて、4%〜7%のポイントがお客様に還元される。更に2倍ポイントや3倍ポイントのキャンペーンがあるので、実質ポイント還元率はOTAの中でも一番高いと言える。年間の利用頻度によって、「プレミアメンバー」、「エリート75メンバー」に昇格し、ポイントの還元率も高くなっていく。頻繁に海外旅行や海外出張に行かれる方には、大変お得なシステムである。
【特徴2 金曜日半額セール】
毎週金曜日限定で、ホテルが半額になるセールを行っている。ホテル数も充実しており、大変お得な料金(大抵半額以上の割引)になっている。こちらもレートパリティを意識した、他社と差別化するための施策である。上手く利用したいプランである。

アゴダの予約はこちら↓



ブッキング.com - Booking.com

本社をアムステルダムに置く、ヨーロッパを中心に展開しているOTAであり、プライスライン(Priceline Nasdaq:PCLN)の子会社である。エクスペディアより株価及び時価総額が高く、新興勢力で、かなり勢いがある。ここの特徴も「最低価格保証」で、ヨーロッパでは、かなり強い。
アムステルダムに本社を置いていることもあり、ヨーロッパのホテルにはめっぽう強い。ヨーロッパではNo.1のOTAである。
特徴は以下の通りである。
【特徴1 購読者限定サイト】
これもレートパリティ対策として、ブッキングが導入しているサービスである。通常のサイトでは、他のOTAと同等の料金を提供しているが、メンバー登録すると「フラッシュセール」という割引料金が満載のサイトにアクセスする事が出来る。こちらからアクセスするとお得な料金で予約が可能になる。
【特徴2 多言語サイト】
OTAの中では最も多い、41か国語で展開している。世界167か国、213,322ホテルもOTAで最も多い取扱い数である。

ヨーロッパのホテルに関しては、Booking.comが一番なので、ヨーロッパに行かれる場合は、チェックすべきである。




オンライン旅行会社 (国内編)はこちら

情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com