本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

エクスペディアの特徴ABOUT EXPEDIA

オンライン旅行サイトの王様!

エクスペディアの特徴はなんと言っても、「最低価格保証」である。他のOTAと比較した場合、メルマガの割引やクーポンを積極的に使っているため、安い確率が最も高いのがエクスペディアである。もし、他のOTAでエクスペディアより安い料金を発見した場合、差額+5,000円のクーポン券が貰える。これは値段に自信のある証拠と捉えているが、マーケティング戦略の一つかもしれない。

エクスペディアの中で確実に安いのは、以下のバーゲンハンターである。情報は毎日更新されているので、チェックすべし!
エクスペディアのバーゲンハンター

他のOTAとの大きく違うのは、サイトをかなり日本人向けにカスタマイズしていることである。アゴダとかブッキングドットコムは、言語数が多いが、効率化のためグローバルでサイトを標準化している。使いやすさの点でもエクスペディアは優れていると思う。

また、エクスペディアはエアアジア (Air Asia)と提携しており、航空券とホテルのセットであるダイナミックパッケージ(通称DP)にも力を入れている。エアアジアの他にも100社以上のエアラインと提携しており、海外ツアーの組み合わせは1億通りと郡を抜いている。

だた、昨今では他のOTAもホテルに対して、エクスペディアと同じ料金を要求しており、値段がだんだん近づいて来ているのも確かである。レートパリティ(料金の同等性)という考え方で、OTAはホテルに対して、すべてのチャネルで同じ料金を提供してもらうようにお願いしています。残念ながら日本(国内のホテル)ではレートパリティという概念が浸透していないため、未だに楽天トラベルやじゃらんの方が海外のOTAより安い料金をもらっている場合が多い。

そこで、エクスペディアが導入した戦略は3つある。
【クーポン戦略】
メルマガ会員に対して、予約時に使用出来るクーポンを無料で配布する。
これにより、サイト上は他のOTAと同じ料金であるが、クーポンを使用することにより、安く出来るという仕掛けである。サイトで検索すると様々なクーポン情報があるので、是非有効活用して欲しい。
72時間セール】
レートパリティ(料金の同等性)が厳しくなる中、他社との差別化と最低価格保証というブランドイメージを守るため、エクスペディアは72時間限定で通常よりも安い料金をホテルより仕入れている。つまり、この72時間セールに出ているホテルはどこよりも安い。エクスペディアはホテルから安い料金をもらう代わりに、露出を相当行い、送客数もホテルの期待以上の人数を送客している。
【為替操作】
これは、料金戦略というよりもマーケティングの手法と言った方が良いと思う。人間の心理として少しでも安く物やサービスを購入したいという部分を上手く活用している。為替の差はコストとして吸収しているが、他社よりも良い料率で価格を設定することにより、現地通貨にした時にお得に見える

これには落とし穴があり、現地通貨建てで決済される場合は、カード会社の為替が適用されるので、現地通貨は参考値に過ぎないという事を覚えておこう。

いろいろと書いたが、値の面では、No.1の旅行代理店である。


一番安い値段を探す方法は以下に書きました。↓
最も安いホテル予約サイトを探せ!

以下は各サイトの特徴について
オンライン旅行サイト・ホテル予約サイト一覧
エクスペディア (Expedia)について
アゴダ (Agoda)について
ブッキングドットコム(Booking.com)について
ホテルズドットコム(Hotels.com)について

Expedia, Agoda, Booking.com情報はこちら
楽天トラベル、じゃらん、一休.com情報はこちら

情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com