本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

オンライン旅行会社 (国内編)ONLINE TRAVEL AGENT

楽天トラベル - Rakuten Travel

楽天トラベルの特徴は何といっても取り扱っているホテル数が約27,000軒と多い事と価格が安い事です。各ホテルには専任の担当者がいて、プランや料金の提案をしています。ホテルの多さと同じくプランの多さも目立ちます。様々なユーザーに対して、プランを提供しているので、数が自ずと増えているのでしょう。
もともとは日立造船が展開していた「旅の窓口」を「楽天トラベル」が買収していから、一気に日本のオンライン旅行会社として、No.1の地位を築きました。
また、楽天グループの一員であることから、
楽天スーパーポイントというポイントプログラムがあり、それがお客様をリピーターにしている仕組みだと思っています。楽天トラベルで予約をするとポイントが付与され、そのポイントで楽天市場で買い物が出来たりと非常に便利なシステムになっています。
売上は、国内ではJTBに次いで2位になっていますが、利益率はNo.1です。ネット専業でやっていることもあり、効率が良いのと、楽天ポイントユーザーが多く利用していることから、売り上げが毎年上がっているのが現状です。老舗の旅行代理店が苦戦している中で、勢いのある旅行会社だと思います。
昔は、ビジネスの楽天、レジャーのじゃらんと言われていましたが、最近ではレジャー施設も充実してきていますので、両方で利用出来ると思います。
JALやANAとのパックも好評で、このダイナミックパッケージは航空券とホテルの予約をすると非常に料金が安くなります。また、レンタカーもついたパッケージがあるので、沖縄や北海道に行かれる方は簡単に全部の予約が出来るようになっています。
最近では、海外にも支店を出して、日本からのアウトバウンドやインバウンドにも力を入れていますが、こちらは海外の強豪と比較するとまだ弱い気がします。しかし、
韓国、台湾、中国は他のOTAより良い料金をもらっている事が多く、東アジアに旅行や出張に行かれる方は利用した方がお得です。今後は海外に力を入れると言っていることから、どこまで海外のOTAに対抗出来るかが楽しみです。
少し、問題だと思っているのはメルマガの多さです。とにかくスパムメールのように楽天グループからメルマガが送られてきます。これははっきり言って、迷惑です。

楽天トラベルの予約はこちら

じゃらん - Jalan

楽天トラベルと肩を並べる国内大手のオンライン旅行会社であり、雑誌も販売しています。オンラインとリアルの両方のメディアを持っているのは強く、両方でホテルや旅館の紹介をすると予約が約40%上がるというシナジー効果もあります。サイトもユーザー評価が日本のOTAでは一番評価が高く、使いやすいのが特徴です。
もともと、ABROADが休刊する時に、国内旅行編として独立した経緯があります。強みはレジャーであると言えます。特に旅館やペンションは楽天トラベルで取り扱っていない施設を多く取り扱っており、旅館好きやペンション好きには便利なサイトだと思います。
ポイントも楽天トラベルが1%(10倍プランとかもありますが。)であるのに対して、5%と還元率はとても良いです。次回の宿泊割引や無料宿泊券、グッズに交換する事が出来ます。

サイトを見ても分かる通り、カップル、ファミリー、温泉といったように切り口がレジャーになっています。特に検索で温泉検索や同じエリアの人気検索が出来たり、非常に検索は使いやすいと思います。
海外はExpediaと提携しているので、特にじゃらんを利用する意味がありません。



一休.com

高級ホテルと言えば、一休.comでしょう。名前の通り、「一級」のホテルや旅館を扱っています。リッチな旅行を満喫したい場合は、一休.comでほてるや旅館を探すのが一番だと思います。特別な記念日等でホテルを探す場合、私は一休.comを使います。
特徴としては、国内の他のOTAが取り扱っていない高級ホテルを扱っている事です。特に外資系の超高級ホテルは一休.comにしかホテルを出していない事があり、楽天トラベルやじゃらんは安いイメージがあるので敬遠しているそうなので、超高級ホテルは一休.comを探してはみてはいかがでしょうか。一休.comにしか参加していないホテルは、一休+(いっきゅうプラス)と言って、特集やお得な情報が多く掲載されています。一休+ホテルは全部で62施設あります。
ポイントプログラムをありますし、会員になると無料宿泊券が当たったりしますので、会員になるのはお得だと思います。




オンライン旅行会社 (外資編)はこちら

情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com