本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

少年サッカーの道具CHILDREN'S SOCCER TOOLS

少年サッカーで必要な道具、備品、あれこれ


サッカーシューズ

まずはサッカーシューズの各パーツの名称を見ていきましょう。

サッカーシューズ

アッパー シューズ表面部分を言います。
材質は天然皮革と人工皮革があります。
ソール シューズ靴底を言います。
材質は合成樹脂やゴムが用いられます。
足の中央部を細くしているのはインサイドキックの際堅いソールに当たることによるコントロールミスを防ぐためです。
スタッド 靴底のいぼを言います。
スタッドは固定されたものと取り外しのできるものがあります。
また材質も堅いものと柔らかいものがあります。
ラスト つま先のことを言います。
サッカーシューズの場合この部分の構造が重要になるため特に別の言葉で使われているようです。
ベロ 靴内部でつま先から紐の縛り目を経由して折り返す保護材です。
近年は紐の縛り目(複雑な段差)による不安定なボールインパクトを軽減するためベロを延長して平らな折り返しを付けるものが主流です。
シューレース 靴ひもを言います。
靴ひもは大きく分けて3種類あります。
靴ひもは見過ごされやすいですが足とシューズをしっかりフィットさせる役割があり重要です。
また試合中結び直すシーンをよく見ますがほどけないようにしておくことも重要です。

続いてサッカーシューズの種類です。

写真 名前 特徴
トレシュー トレーニングシューズ
靴底がゴム系の素材でできています。
そのため足への負担が軽く土などの固い地面では最適です。
小学生特に低学年ではまずこのタイプを選ぶのが無難でしょう。
ただし靴底がゴム製なので減りは速いです。
固定式スパイク スパイクシューズ 一般的なスパイクシューズです。
スタッドが12個前後付いています。
またスタッドは固定されています。
そのためスタッドが減るとシューズそのものが使えなくなります。

ですが固定式は柔らかいグランド、硬い土、短い芝生など幅広く対応できます。
場所を選ばず使える固定式サッカースパイクは今や主流になっています。
少し専門的にプレーしている人が選ぶのに適しているようです。
取替式詩パイク スパイクシューズ
(スタッドが金属)
スタッドが金属で脱着可能です。
スタッドの数が6から8個と少ないため突き上げ感が大きく足への負担大です。
脱着可能なので芝の長さやドライ・ウェットの違いでスタッドを使い分けられます。
またスタッドが減った場合も交換ができます。
プロ選手などサッカーに熟練した人向きです。
固定式スパイク スパイクシューズ
(マルチスタッド)
これもスパイクシューズの一つです。
スタッドが20個以上付いていて足への負担が軽減されます。
足への負担は足に直接当たる面積が大きいほど小さくなることを覚えて下さい。
小学生向けです。

スタッドは固定されています。
そのためスタッドが減るとシューズそのものが使えなくなります。
ブレードスパイク スパイクシューズ
(ブレードスタッド)
スタッドが円柱でなくブレード型(刃型)になっています。
そのため横方向のグリップ力が大きくなり急発進急停止に威力を発揮します。
そのかわり円形スタッドに比べると足への負担は大きくなります。
スタッドの数はモデルによってまちまちなので多いものなら小学生に向くでしょう。
スタッドは固定されています。
そのためスタッドが減るとシューズそのものが使えなくなります。
フットサルシューズ フットサル用サッカーシューズ 体育館での使用を考慮して、床に傷が付かないよう工夫されソールはほぼ平面です。
人工芝での使用には適しますが、土のグランドではたちまちソールが摩耗して使用できなくなります。
足への負担は小さいです。

最後に最も重要なのは選び方です。

ポイント! 足に合ったシューズ
どうしても人気選手が履いているシューズが欲しくなりますが、実際に履いてみてフィット感を確かめるのが、重要です。足の形は人それぞれですので、どのメーカーが良いというのはありませんが、実際に履いてみて、足の幅が合うこととラスト(つま先)は若干余裕があった方が良いでしょう。大きさは5o程度大き目が良いと思います。

私の息子たちは、足幅が広いため、足幅の狭いアディダスは履けません。また、かかとが痛くなることが多いことから、かかとの当たる部分が合成皮革では無く、クッションのあるものを使っています。結果、家族全員ナイキ(Nike)です。
これは低学年用の紐なしタイプですが、サイズが大きくなると紐になります。

サッカーバッグ


サッカーバッグにもいろいろと種類があります。
  • ボール用ディバッグ (小学校の低学年はこれがおすすめです。)
    ディパック
    ボールとトレーニングシューズと着替えが入る程度のバッグです。私の息子二人もこちらで低学年の頃は過ごしました。大きさもちょうど良く、低学年の子どもには十分です。
  • バックパック (小学校の中〜高学年はこれがおすすめです。)
    バックパック
    ボール以外にも、シューズ2種類(トレーニングシューズとスパイク)、ユニフォーム2セット(ホーム&アウェイ)、着替え、弁当等結構荷物が入り、両手が自由に使えることから、とても便利です。今はいろいろな種類や柄があります。迷彩柄とかカッコよいです。
  • エナメルショルダーバッグ
    エナメルバッグ
    収納という意味では、大きいサイズのものを選べば、十分ですが、持ち運び等で肩にかけると行動が制限されると思っています。両手が使えるバックパックの方が少年時代はおすすめです。
  • ボストンバッグ
    ボストンバッグ
    合宿や宿泊遠征等に行く際に必要になります。日数分の着替え等を入れて運ぶことになります。これは普段使用するでのはなく、宿泊が伴う場合のみです。

サッカーボール

サッカーボールと言っても、様々な種類のものがあります。
また、プロで使用しているボールと普段練習等で使用するボールも違います。

1.5号球
中学生以上で使用。
周囲68〜70センチ、直径22センチ、重量410〜450グラム

2.4号球(こちらが少年サッカーで使用するボールです)
小学生で使用
周囲63.5〜66センチ、直径20.5センチ、重量350〜390グラム

↓これは、第36回全日本少年サッカー大会決勝戦限定モデル。今年の決勝戦のボールです!

 

 
3.3号球
幼稚園、小学校低学年で使用
周囲58〜60センチ、直径19センチ、重量300〜320グラム

4.一般フットサルサイズ
周囲62〜66センチ、直径20センチ、重量400〜440グラム
※フットサルのボールは重く、あまり飛ばないようになっています。


すねあて

すねあて(シンガード)特に選ぶ基準が難しいですが、メーカーによってサイズが様々なので、子どもが使用してフィットするのが良いです。あまりおすすめしないのが、モルテンのゲルタイプのすねあてです。何人か使用していますが、汗をかくとずれてしまって、使いにくいとの事なので、普通のすねあてが良いと思います。
右と左が分かりやい、アンブロ(UMBRO)か、アディダスがおすすめです。

情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com






この本は少年サッカーを始めた時に
子どもに読ませた本です。キャプテン翼が
分かりやすくサッカーを説明しています。