本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

ポイントカード・ポイントシステムの比較−賢い利用方法

ポイントカードやポイントシステムについて−賢い利用方法

ちょうど、財布を新しくしようと思って、カードを整理していたら、ポイントカードが財布から大量に出てきた。いろいろな店が独自のポイントシステムを導入して、リピーターに繋げようとしている。しかし、ポイントカードを一つ一つ確認していくと、一度行っただけで行かなくなった店や何度か行ったが最近行かなくなったのでポイントの有効期限が切れているものが多いことに気付く。そう考えると、ポイントカードはあまり作っても意味が無いし、店としてはポイントシステムを導入した意味があるのか疑問に思う事がある。

ユニクロは最初ポイントを導入していたが、かなり早い段階で効果が無いと思ったのか、ポイントを止めてしまった。それでもビジネスは上手くっているわけであるから、ポイントシステムやポイントカードがお客様をリピーターにするのではないような気がする。結局、自分の価値にあったものや必要なものはポイントがあっても無くても買う。ユニクロの場合、商品の質や価格というポイント以外の要素で他者と差別化しているから、特にポイントを必要としないのであろう。

自分が良く使用するポイントカードを考えると、やはり日常的に頻繁に行くコンビニが導入しているものだと思う。セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、ローソンのPONTA(ポンタ)、ファミリーマートのT-POINTT-ポイント)は常に財布に入れてポイント貯めている。nanacoは、セブンイレブン以外にもイトーヨーカドーでも使えるので、妻は結構ポイントが貯めやすいと言って使っている。食料品や日用品を買うので、ポイントは貯めやすいので、コンビニでしか使わない私より、nanacoを好む。そうすると、コンビニはセブンイレブンに行きたがる。

いろいろ考えて、財布の中をコンビニでポイントが貯まるカードのみを残して、あとは処分することにした。処分をすると同時に、どうせ何かを買うのであれば、ポイントが貯まる店を気にするようになった。妻がセブンイレブンを選ぶように、何かを買う時に、ポイントが貯まるのはどういう店かを調べるようになった。これまでは、あまり意識していなかったが、結構ポイントシステムは進化していて、それぞれが様々な場所でポイントを貯めたり、使用出来たりするようになっている。

使用するクレジットカードを限定して、マイレージを貯めているように、ポイントカードもある程度限定して、貯めて使う方法を紹介していこうと思う。

私が現在マイレージを貯めているのは、JALカードである。WAONカードもあるが、電子マネーは自分の生活圏内だとnanacoの方が使いやすいので、普通のマイレージバンクカードである。

JAL日本航空 JMB入会

現在、自分が財布に入れているのは、nanacoPONTAT-Point3つである。他は持っていない。それでも全く不便ではないし、むしろポイントが貯まりやすくなってため、ポイントを使う頻度も増えた。


nanacoについて

PONTAについて

T-Pointについて


情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com