本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

ポイントプログラムやマイレージプログラムについて

溢れているポイントやマイレージプログラム。お得に使いこなせ!


日本には、ポイントプログラムが溢れている。どこに行っても、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれる。企業としては、ポイントカードを発行する代わりに、購入者の個人情報を取得して、独自のCRM (Customer Relationship Management)活動を行う事が出来る。

ポイントプログラムには、単純に購入の度にスタンプを押す非常に簡単な手法から、カードや携帯でポイントを貯めるものまで、種類は多数ある。その中で、自分が使用しているポイントプログラムを中心にいろいろと比較して行きたいと思う。

ポイントが貯まりやすいのは、日常生活の中で使用する頻度の高いサービスやお店が導入しているポイントプログラムである。サラリーマンであれば、コンビニだと思われるし、主婦であれば買い物をするスーパーが利用頻度が高いのではないだろうか。

意外と使えないスタンプ式


ポイントカードの中でも、スタンプを貯めるタイプは意外と使えない。特に頻度の高く無いレストランとか、洋服店のポイントカードはあっても意味が無いと思う。最近はある程度貯まらないと使用出来ないスタンプ式のカードを勧められても作らない。断捨離ではないが、財布が膨れるだけであるならば、はじめから貰わない方が環境に良いと思う。
持っているスタンプ式は唯一、メガネスーパーである。ポイントというより、コンタクトを買う際に、電話番号と会員番号を調べるために財布に入れているだけである。たまに割引されるが大きくないので、ポイントとしての魅力は少ない。

ポイントプログラムは意識して使え!


たぶん賢いポイントの利用方法は意識すれば、結構簡単に出来ると思っている。利用出来る店舗を知っているか、知らないかの差だけなので、一度意識するようになると、自然とポイントが貯まるようになる。例えば、個人的に一番ポイントが貯まりやすいと思っているのは、T-Pointカードである。元々Tsutayaから始まっているが、今では利用出来る店舗数が6万店舗近くになっている。コンビニはファミリーマートとスリーエフ、ガソリンはエネオス(ENEOS)、アマゾン、エクスペディアでもポイントが貯まる。

ポイントカード・ポイントシステムの比較−賢い利用方法


ポイントは繋がってる!


結構ポイントプログラムはお互いに交換可能になっているので、上手く利用すると、目的に応じてポイントを集約する事が出来る。例えば、ポイントが貯まりやすいと話したT-PointはANA(全日空)のマイレージに交換する事が出来るし、ANAのマイレージをT-Pointに交換する事も出来る。出張でマイレージを貯めて、T-Pointに交換してコンビニで買い物をするというサラリーマンは多いのではないであろうか。

マイレージ・プログラムを賢く利用する方法


nanacoについて


T-Pointについて


情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com