本文へスキップ

オンライン旅行・ホテル予約サイトを中心に、世の中にある様々な情報、サービス、ビジネス、ツールを独自に比較しています
TREND SEEKER

ホテルのサイトコントローラー・チャネルマネージャー
の現状
HOTEL MARKETING - 1

ホテルのサイトコントローラー・チャネルマネージャーについて

ホテルの宿泊予約チャネルとして、JTBKNTNTA等のリアルエージェント、自社のウエブサイト、自社のコールセンター、ホテル直予約、日系のオンラインホテル予約サイト(以下OTA)、外資系のオンラインホテル予約サイト等々が存在する。

日系のホテル予約サイトの代表格と言えば、楽天トラベル、じゃらん、一休.com、るるぶ、ベストリザーブ等である。外資で有名なのは、エクスペディア (Expedia)、アゴダ (Agoda)、ブッキングドットコム (Booking.com)、ホテルズドットコム (Hotels.com)だ。

これまで、ホテルの担当者は日本のお客様は日系のOTAから、海外からのインバウンドは外資系のOTAからと使い分けていた。しかし、最近では外資系のOTAも国内のお客様にもお得なプランや料金を販売するようになった。エクスペディアは日本国内でも最低価格保証を始めたのは、知っていると思うが、他の外資系OTAも淡々と国内マーケットを狙っている。

外資系のOTAが日本に入ってくる前は大手のホテルチェーンなどはGDSを使っていたが、料金のコントロールはあまりせず、ほとんど正規料金(ラック料金−Rack Rate)を入れていた。予約が入ればラッキー位の扱いであった。インバウンドに力を入れているホテルは、大手の外資系のホテルチェーンと提携したり、Leading Hotels of the Worldのようなマーケティング会社と提携したりして集客していた。

また、インバウンドも特に欧米からのお客様には高い料金で宿泊してもらい、近隣のアジア諸国からは格安のグループのためのグループ料金を出していた。格安グループの場合は出来るだけ多くのお客様をひとつの部屋に押し込めて、客室あたりの単価を上げていた。

OTAの場合、料金の出し方が異なる。リアルエージェントのように卸値やグループ料金を渡すではなく、ダイナミックな料金を需要に応じて入れることが出来るようになった。それもリアルエージェントより手数料が安いので、ホテルとしては値段を安く設定することが出来たため、インターネットの普及と一緒に、個人の宿泊予約はネットへと移っていった。ネットの良いところは、リアルタイムで料金変更が出来ることと、ターゲットに合わせて様々なプランが手軽に作成出来ることだと思う。

ネットでのホテル予約は便利であるし、ビジネスとして成り立つことが分かると当然多くの競合が出てくる。それぞれ、ビジネスに特化するとか、会員が大勢いるとか、ポイントが付くとかいろいろな特典をつけて、差別化している。よってホテルはより多くの予約を受けるために多くのOTAと契約をして、部屋や料金を出すようになる。1つや2つのOTAであれば、簡単に管理出来るが、数が多くなってくるとコントロールが難しくなる。

そこで出てきたのが、日本ではサイト・コントローラーと呼ばれている、一元的に複数のサイトの部屋出しや料金設定をしてくれるツールである。手間いらず、らくじゃん、TL-Lincoln、らく通が代表的なサイト・コントローラーである。手間いらず、らくじゃんが先行していたが、現在はTL-Xにてリアルエージェントの在庫も同時にアップデート出来ることや、共通在庫サービスを提供したことにより、TL-Lincolnに変更したホテルも多い。日本の大手チェーンホテルはTL-Lincolnを使っていることが多いと感じている。

代表的な外資系のOTAも当然このようなサイト・コントローラーと接続して、料金や在庫のアップデータが出来るようになっている。


情報提供者

トレンド捜索人
info@trend-seeker.com